せどり入門 ジャンル編 本せどりの実態とは

phm26_0649-s

本せどりの特徴とは

せどり、といえば、基本は本のせどり!

主にブックオフの105円本を購入して、アマゾンに転売。
というのが、せどりのスタイルで、最も一般的で、せどり初期から
行われていたせどりです。

本せどりの特徴その1 単価が安い

ブックオフに代表される105円本を筆頭に
本は非常に1つあたりの単価は安いです。
最初、資金が無い状態なら、その事はとても助かりますよね。
10万円もあれば、十分に仕入れできるでしょう。

本せどりの特徴その2 利益率が高い

単価が安いので、お宝本を見つけて売ると、利益率が半端なく高いのが
本のせどりの特徴です。

105円→3000円

とかになったり、利益率280%以上…

他のジャンルのせどりではこんな利益率、ほとんどないの実情です。

本せどりの特徴その3 回転率は低め

本のせどりでは、アマゾンランキンク20万位くらいまでを目途にするん
ですが、(まあ、目安ですが)他のCDやDVD等と比べて、
売れるまでかなり時間がかかります。

100個在庫を抱えたら、月10冊くらい売れれば…という所でしょうか。
もちろん、ランキングの高い本はすぐに売れていきますが、
平均すると、回転率は他のジャンルに比べると低め、です。

なので、他と同じ売上をあげようとすると、より多くの在庫をかかえる
必要があります。

本せどりの特徴その4 ライバルが多い

低資金で出来てしまう為、非常にライバルが多いのも本せどりの特徴
です。特に、ブックオフのせどらーの数は半端ありません…。

他のジャンルでは、私の地元ではせどらーみませんが、ブックオフだけ
は他のせどらーに出くわします。
他のジャンルと比べて、本当に人口10倍くらいいるんではないだろうか?
などと妄想しています。
実態を把握していないので分りませんが…。

本せどりの特徴その5 1点あたりの利益は小さめ

元の単価が低いので、利益率は高いのですが、元々の本の値段が
1万円~とかするのはほとんどないので、
商品1点に対すつ実利益は低め、です。

本せどりの特徴 総合評価

本というジャンルは、まとめると

・単価が安い・利益率が高い ので、リスクは小さい
・リスクが低いので、参入者が多い
・回転率が低いので大量の在庫が必要
・ライバルも多いが、供給量も多い

という事で、最初にせどりを始めてみるには最適かも、ですね。
私は最初はゲームでしたが。

お金があんまり無い人は本せどりである程度稼いでから
他のジャンルにいくといいかも?です。

副業なら、私は他のジャンルを勧めます。
(大量の本を仕入しないと安定的に利益ならないので手間がかかる為)

関連記事

  • 1月1日初詣と初せどり 太鼓の達人ゲット!
  • ゲームせどりの稼げるプレミア商品PSP ラベンダー・パープル の紹介
  • 2012年12月のせどりの利益公開!
  • せどりの応用 ネット物販ってどうするの?
  • せどり入門編 せどりって具体的に何をする事なの?
  • せどりのおすすめ情報

    せどらーにまだあまり知られていないせどり市場とは?
    10万円の仕入資金でせどり初心者でも2ヶ月で14万円稼ぐ事が可能なノウハウを公開!

    毎週最新のせどり情報をお届けします
    毎週金曜日に発行する無料のせどり・副業のメールマガジンです。

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ