管理人のプロフィールその10 理学療法士断念の理由と副業をする訳とは

phm21_0109-s
理学療法士の AO試験受け、 とは 結果を 待つばかりで、
遂に、 結果の入った 封筒が ってきました!!

そして結果は…

不合格!!

でした…

入っている 封筒が薄かったので、 封筒を見た時点で、
「落ちたな…」
思いましたが…。
正直、 手に手ごたえを掴んでいたつもり、 だったのでショックでした。

とはいっても、 落ちたら、また受ければいいだけ…
まだいくつかの 学校は受付もしており、 やろうと思えば 他の試験も受ける 事が出来たのですが、 一度落ちた事で、 今まで焦燥感だけで
試験を 受けていた所に、 ちょっと我を取り戻した感がありまして…

一度試験に落ちた事で、考え直してみました

一度冷静になって考え直してみたのでした。

まず、学校の費用が400~500万円、しかも最後の3年目は実習も多く
とても働きながら、は無理で1年は無収入…
さらに、最初の2年もバイトやパートしか出来なく、
収入は10万円はダウンする、という事を考えると…

学費が-500万円
正社員として働き続けたとしての収入 年間300万円として
合計900万円、2年のパートで200万円稼いだとしても、
700万円の損失…

なんと、学校に通う事で3年1200万円の損失!

つまり、介護職で再就職する時と比べて、
3年で約1200万円もの損失が出る、という事です。

はたして、私の年齢でペイ出来るのか?

介護施設で理学療法士をが出来た、と仮定します。
介護施設での理学療法士は病院と比べて少し少ないのが実情なので、
だいたい収入が350~400万円くらい。

平均すると、介護職の+50~100万円くらいです。
無事に60歳まで働き続ける事が出来たとして、間をとって
平均75万円プラスとします。

定年まで働いて、今の水準の給料がもらえるなら600万円プラスだが

36歳から24年間働き続けたとしたら1800万円のプラス。
と、合計すると、損失の1200万円を引いて、約600万円のプラス、
となる訳ですが、理学療法士も数が年々増え、
今の給料が保証できる、とは限りません。
今のケアマネージャーの様に、介護職と同等か、それ以下に
下がっている可能性も十分にあります。

理学療法士にかける時間と費用があれば、他の出来る事があるのでは?

これだけのリスクを負って、理学療法士になるなら…
理学療法士になるのと同じくらいの覚悟で、副業を頑張ってみた方が
現実的なのではないか?と思ったのです。

理学療法士になるつもりで、1200万円と3年間を使えば、
副業でも、大きな結果が残せる事が出来るのではないか?

と思ったのでした。

遂に、副業で本気で稼ごうと舵を切る!

こうして、理学療法士の夢は止めて、副業と介護をして、
人並(私的に年間収入500万円以上)の収入を得たい、
このくらいの収入がないと結婚も出来ないし…と
本気で思い、

私が今までやってきた介護の職種の中では、一番
特別養護老人ホームが合っていたように自分では思えたので、
特別養護老人ホームに再就職、そして副業の方を本格的に
していく事になったのでした。

arrow_orange[1]プロフィールの続きはこちらから

関連記事

  • 管理人のプロフィールその9 理学療法士を夢見て
  • 管理人のプロフィールその2 手に職を付ける為、介護職へ
  • 管理人のプロフィールその3 ケアマネージャーになる為計画的に転職!
  • 管理人のプロフィールその6 介護業界に絶望、そして新たな職探しへ
  • 管理人のプロフィールその8 副業への目覚め
  • せどりのおすすめ情報

    せどらーにまだあまり知られていないせどり市場とは?
    10万円の仕入資金でせどり初心者でも2ヶ月で14万円稼ぐ事が可能なノウハウを公開!

    毎週最新のせどり情報をお届けします
    毎週金曜日に発行する無料のせどり・副業のメールマガジンです。

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ