管理人のプロフィールその4 訪問介護の実態と一度目の挫折

ilm17_ab01011-s - コピー

無事に 介護福祉士 にもなり、 意気揚々と 訪問介護の 世界に 飛び込んだ 私、  
でしたが、ここから 挫折の 始まりでした…

訪問介護とは
介護者の 自宅にいって、 各種 介護サービス を提供する 仕事です。

訪問介護の実態

男性の訪問介護の需要が極端に少ない、という現実

確かに 家に上がって 家事とかしてもらうのは 女性の方がいいですよね…とそこは納得。
なので、私は訪問介護を入りながら、送迎や事務処理、シフト作りなど
多岐に渡って仕事をする事になります…

ほとんどパートが担っているのが実態

訪問介護は、1箇所あたり、約1時間~2時間くらい。当然ながら、各家の場所もバラバラで、移動時間も多いです。
利用する人にも好みがあり、誰でもが介護に入れる訳でもないですし、
さらに、介護は基本的には食事の用意がある朝、昼、夕に仕事が固まります。なので、スタッフを1日介護で働かせるのは難しいのが実態です。
なので、正社員を数多く入れるのは難しく、
必然的にパートさんをたくさん雇う事になります。

パートの時給も安く長く続く人が少ない

パートの時給は約1400円前後が多く、一見高給に思いますが、
介護者の家までの時間は仕事時間に入らない事も多く、
介護者から家に帰る時間はもちろん仕事時間に入りません。
さらに、1か所の時間は1時間~2時間程。
最初に朝に仕事があった後、次の仕事が夕方、と連続して
の仕事でない事多い為、実質の時間給は700円くらいになるのでは
ないでしょうか?
なので、パートさんも辞める人も多いです。

介護報酬が低く、パートの給料も上げれない

なら、パートの給料を上げたらいいのでは?と考えると思うのですが、
訪問介護は報酬が少ない為、1400円以上上げると、利益もでない状態、
すでに限界に近いお金をパートさんに渡しているのが現状です。

パートを優遇するあまり正社員がしんどい事をする事に

なので、長い間続けてい暮れているパートさんは優遇する事になります。
出来るだけ効率いいルートになる様に仕事を組んだり、等々…

そうなると必然的に、正社員が遠い場所や利益が出ない仕事をする事になります。で、結果どうなるか?というと、日中はほとんど介護の仕事にでて、夜にシフトや書類仕事をしないといけない事に…。

ほとんど休むことなく働き続ける事が出来ず、転職…

結果、ほとんど休みもなく、朝から夜までずっと働いていました…。
あと、パートの人の調整や利用者のクレーム等々、慣れない対応もして、
精神的にも本当にしんどく、結局、この事業所は1年で退職、
次の訪問介護事業所に転職、となったのでした。


arrow_orange[1]プロフィールの続きはこちらのページへ

関連記事

  • 管理人のプロフィールその2 手に職を付ける為、介護職へ
  • 管理人のプロフィールその3 ケアマネージャーになる為計画的に転職!
  • 管理人のプロフィールその1 高校卒業後は工場の作業員でした
  • せどり副業日記 3月25~27日の1日の様子
  • せどり副業日記 3月29~4月1日の1日の様子
  • せどりのおすすめ情報

    せどらーにまだあまり知られていないせどり市場とは?
    10万円の仕入資金でせどり初心者でも2ヶ月で14万円稼ぐ事が可能なノウハウを公開!

    毎週最新のせどり情報をお届けします
    毎週金曜日に発行する無料のせどり・副業のメールマガジンです。

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ