せどりはアマゾンで売るのが一番!その4つの理由教えます!

ilm01_ae02019-s

せどりをする販売先は、アマゾンからの人が
ほとんどです。

もちろん、私もその一人なのですが、
何故、アマゾンから販売するのか?
その理由について説明していきますね。

他に考えられる販売先は?

他に考えられる主な販売先としましては、

・実店舗
・ヤフオク!(旧 ヤフーオークション)
・楽天
・独自サイトから
・ヤフーショッピング

という販売先が考えられます。
アマゾンで販売する際のメリット、デメリット
を挙げてみますね。

アマゾン

メリット

・全国に対して販売出来る
・「アマゾン」の信用・販売力を借りる事が出来る
・FBAというサービスを使えば、アマゾンと同等の配送サービスを使える
・出品の際、多くの項目を書く必要がなく画像がなくても売りやすい
・店舗形式でなく商品ごとの表示なので関連性のない商品でも売りやすい

デメリット

・高い販売手数料(15%)
・維持費がかかる(月4900円)

実店舗

メリット

・実際に手に取って確かめられるので安心

デメリット

・店舗周辺の相手にしか売れない
・店舗の家賃代、人件費などが、かなりかかる(数万円以上)
・店舗にするほどには相当数の在庫が無いと厳しい

ヤフオク!

メリット

・手数料が安い(5%)
・全国に対して販売できる
・ヤフーオークションという販売力を借りる事が出来る
・維持費は実質0円

デメリット

・取引に多くの手続きが必要
・画像は必須。その分手間がかかる
・オークションなので、出品後、マメに再出品しないといけない
・アマゾンより信用が無いので商品価格が高く売りにくい

楽天

メリット

・ネットショップNO.1の集客力
・店舗形式なので、きっちり商品の説明が出来る
・固定客がつきやすい

デメリット

・維持費が非常にかかる(初期費用30万円プラス毎月2万円程)
・手数料も高め(クレジット代行料と合わせるとやく11パーセント)
・店舗形式なので、関連の無い別の商品は売りにくい

独自サイト

メリット

ほぼ、管理、維持費は0円
好きなデザインに出来る
規約などにまったく気にすることなく運営が出来る

デメリット

集客は何もしなければ0…自分で集客しないといけない
クレジット決済などをそろえたちすると結局手数料がかかる
ショッピングカート作るのにも一苦労

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングはほとんど楽天と一緒、で
楽天より集客力が劣りますから、なくてもいいかな?
と思っていましたが…
最近、ヤフーショッピングが全て無料になりましたね…
こうなると、ヤフーショッピングで売る、というのも
今後、せどりで売る手段の一つになるかも、です。

やっぱりせどりには一番アマゾンが向いています

と、それぞれメリット、デメリットがありますが、
総合的見て、せどりで物を売る場合、
アマゾンが一番売りやすいです。

・ほどほどの手数料
・ショップ形態でないの別のジャンルの商品も違和感なく売れる
・FBAサービスなどの各種サービスの充実
・アマゾンのフォーマットをそのまま借りるので出品の手間が少ない

というのが、一番せどりに使い易いんですよね、やっぱり…

だから、せどりする人はまずはアマゾンを使いましょう。


arrow_orange[1]アマゾンの登録方法はこちらのページへ

関連記事

  • せどりでの販売先 アマゾンで販売するメリットとは
  • アマゾンFBAの登録方法 必ずしましょう! 何故今登録するその訳とは
  • 2月2日 ツイッターに刺激されて1月のアマゾン売上だしてみました
  • せどり副業日記 3月25~27日の1日の様子
  • せどり副業日記 3月29~4月1日の1日の様子
  • せどりのおすすめ情報

    せどらーにまだあまり知られていないせどり市場とは?
    10万円の仕入資金でせどり初心者でも2ヶ月で14万円稼ぐ事が可能なノウハウを公開!

    毎週最新のせどり情報をお届けします
    毎週金曜日に発行する無料のせどり・副業のメールマガジンです。

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ