介護職とケアマネージャーの違い|実際に働いて分かった4つの事実

69_56275213

ケアマネージャーとはどんな仕事をするのか?介護職とはどう違うのか?

私がケアマネージャーとして
働いていた期間は短いですが、訪問介護で約3年、施設介護でも約7年介護業界で
働いてきた経験から、介護職と違いを書いてみました。

私の経験からの話が主となるので、全てにあてはまる訳でもなく、
私の勘違い等もありますが、概ねケアマネージャーのお仕事がどの様なものか?
をイメージして頂けたなら幸いです。

 

ケアマネージャーの業務は介護職とは求められる技術が違う

私も以前ケアマネージャーの側で働き、実際にケアマネージャーの資格を取得し、
実際に働いてみて分かったのですが、介護職とは、まったく別の技術が求められる
のがケアマネージャーです。

ケアプランを作成するに当たって、他の業種や介護スタッフ、提携先や
利用者、入居者、その家族等の意見等を聞き、調整していく仕事です。
それぞれの立場の方がそれぞれの考え方を持っているので、

それらの意見や主張を上手くまとめるだけでも大変です。
さらには、市や国に提出する為の書類がたくさんあり、それらの
書類作成だけでも膨大な量になります。

 

他の職種や利用者やその家人の要望をまとめるのがお仕事

介護職は、基本的に入居者や利用者の出来ない部分をお手伝いする、
という仕事なのですが、ケアマネージャーは利用者や各種関係者と
交渉する事が主な仕事なるのです。

介護職が、利用者によりそう心、介護技術、等が必要な技術なのですが、
ケアマネージャーは、交渉力や効率的な事務作業能力等が必要な技術となります。

 

精神的には介護職よりしんどい

家族と本人、介護スタッフの意向が全部違う、という事も多々ある事で、
その誰もが、『自分の考えが一番正しい』と思っていたりするので、
これらの意見をまとめる事は容易ではなく、

精神的には介護職より何段もしんどい、と思います。
こういう、人と人との交渉事が好きだったり、それぞれの方の意見を
聞いたり、上手く調整したりするのが好き、ならいいのですが、
介護職の延長としてケアマネージャーの仕事を考えているなら、
理想と現実のギャップが大きく、大きく失望するかも知れません。

 

訪問介護ケアマネージャーと施設ケアマネージャーの違い

同じケアマネージャーでも施設に勤めるケアマネージャーと
訪問介護事情書に勤めるケアマネージャーの2種類に分けられます。

施設と訪問介護のケアマネージャーはそれぞれ、給料も、仕事内容も
大きく違うので、それぞれの特徴を伝えていきますね。

 

給料面は訪問介護ケアマネージャーの方が多い

気になる給料ですが、基本的には、訪問介護ケアマネージャーの方が
給料が多いです。その理由は、単純に訪問介護ケアマネージャーの数が
足りていない事と、仕事内容が訪問介護系ケアマネージャーの方が
責任・業務内容が多いから、です。

働く会社や施設によって給料は代わりますが、概ね訪問介護事業所の
ケアマネージャーの方が施設のケアマネージャーより5万円くらい
給料が多いイメージです。

 

業務内容は施設のケアマネージャーの方が負担が少ない

施設のケアマネージャーから怒られるかも知れませんが、
基本的に、施設のケアマネージャーの方が業務内容は楽です。

在宅の場合、家族や本人の能力や資金、地域資源を組み合わせて
ケアプランを一から作らないといけないのに対して、
施設の場合、施設に入った時点でも介護スタッフも済む所も、
食べる物も、全て揃っているので、極端な話、ケアプランが無くても
生活する事が出来るから、なんですね。

また、在宅のケアマネージャーは家人からの対応や他のサービスの
調整も、基本全部しないといけないですが、施設のケアマネージャーの
場合、大半は施設長等がしてくれるので、その点気楽な所があります。

施設と訪問介護のケアマネージャー、時給が多いのはどっち?

雑務が多く時給が低い訪問介護のケアマネージャー

訪問介護のケアマネージャーは、ケアプランの作成、変更はもちろん、
他の職種との連携、訪問介護事業所と家人との調整やトラブル対応、
等の調整も全てしないといけません。

なので、実質的には朝から深夜まで、電話対応や書類作成に追われる事も
しばしば、です。

施設のケアマネージャーも、書類作成に追われるのは同じですが、
もう既に相手は施設に入っているので、訪問介護と比べると、
家人や他の職種との調整はかなり少ないです。

貰える給料は訪問介護のケアマネージャーの方が多いですが、
実際に仕事をしている時間は、訪問介護のケアマネージャーの方が
長い事が 多く、時給で考えると、施設のケアマネージャーの方が
高いのではないでしょうか。

 

ケアマネージャーの時給は介護職より多いのか?

在宅・施設のケアマネージャーどちらにしても、サービス残業で行う
仕事が非常に多く、時給換算すると、介護職より少ない場合がほとんど
でしょう。

私はケアマネージャーになって介護職より手取りの給料減りましたし…
(施設で働いていたので夜勤手当や残業代が介護職の場合あるから、です。)

なので、ケアマネージャーの仕事をしたい!のならともかく、
ケアマネージャーになって給料アップ!を考えてるなら、思っていた以上に
給料が少なくてがっかりするかもしれない、という事ですね。

実質的な給料を増やすにはどうすればいいのか?

元々、介護職は給料が増えにくい職業です。

arrow_orange[1]介護職の給料が低い詳しい理由はこちらへ

なので、今より給料を増やすなら、『副業をする』のが
一番現実的な方法と私は思います。

では、介護職を続けながらするのに適した副業について
説明していきますね。


arrow_orange[1]介護職を続けながらするのに適した副業について詳しくはこちらへ

関連記事

  • 介護技術のレベルアップと給料の関係とは
  • 介護職の給料は何故他の職業より10万円も低いのか|3つの理由と対策案
  • 管理人のプロフィールその3 ケアマネージャーになる為計画的に転職!
  • 介護職が副業で月10万円稼ぐまでの道! vol.6
  • 副業して行く上で最も大事なモチベーションの維持方法と4つの効果とは?
  • せどりのおすすめ情報

    せどらーにまだあまり知られていないせどり市場とは?
    10万円の仕入資金でせどり初心者でも2ヶ月で14万円稼ぐ事が可能なノウハウを公開!

    毎週最新のせどり情報をお届けします
    毎週金曜日に発行する無料のせどり・副業のメールマガジンです。

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ